結婚式を挙げよう|二人の誓いの証になる結婚指輪を選びましょう

一生に一度の幸せな時間を

結婚式は新郎新婦と家族、それに訪れた人々と一生に一度の幸せな時間を過ごすことができます。そんな結婚式の準備と新婦に渡す結婚指輪の準備期間について知っておきましょう。

挙式までの予定と指輪準備

10~9カ月前

結婚式のスタイル検討や、お互いの親に挨拶に行くのが挙式の10~9カ月前です。この時期に銀座などにある店舗で婚約指輪を選びましょう。

8~6か月前

様々な式場を見学して、どの式場で結婚式を行なうか決めます。結納と親族の顔合わせをしたりするのもこの時期です。

5~4カ月前

新婚旅行の場所選びや準備をする時期です。挙式の準備も始まりドレスやブーケ選びに新婦は夢中になる時期です。この時期を目安に結婚指輪を購入しておきましょう。

3~2か月前

ブライダルエステなどで花嫁としての準備をする期間です。挙式の準備は招待状の手配や結婚式と披露宴の打ち合わせを行ないます。その他に前撮りや引き出物の決定など、挙式に近づいてきます。

1か月前~挙式当日

挙式の最終打ちあわせを行ないます。それにヘアメイクの打ち合わせを行ない、結婚式がいよいよ間近に迫ります。結婚式と披露宴当日は幸せいっぱいなものにしてください。

結婚式を挙げよう

花嫁

人生で主役になれる日

結婚式を経験した人のほとんどが、結婚式を挙げた瞬間が人生の中で一番幸せだったと答えるほど幸せな時間です。人生の主役として幸せを感じることができるのが結婚式です。

約半数が結婚式を挙げていない

今現在では結婚式を挙げるカップルは、約半数だけといわれるほど少なくなっています。結婚式を挙げないといういうカップルが増えてしまいました。

結婚式の満足度は高い

結婚式を挙げない人が増える中でも、結婚式を挙げた方はまたやりたいというほど、幸せだと感じる人が多くいます。

感謝を伝えることができる

結婚式はカップルの二人のけじめとしての機会にも、家族や友人に感謝を伝えられるきっかけの場所になります。

幸せで特別な一日に

幸せを感じるのは結婚式を挙げるカップルだけではありません。それ以上に家族や友人が喜ぶことも珍しくありません。人生に一度の結婚をより幸せにするために結婚式を挙げてみませんか?

広告募集中